コレクション情報

コレクション情報...

Bagozzaは、クラシック及びモダンな型がある2012年-2013年の秋・冬のコレクションで色にレトロのタッチで男性のたんすに新たなスタイルを与え続けています。 Bagozzaの男はたんすを開けました。あの日は大事な会議がありました。1970年代と1980年代の独特なセンスと新しい考え方の組み合わせであるBagozzaの高級のモデルを見つめた。

各々の部分が自分のサイズの為裁縫されたように見えたBagozzaのスーツがシャツと一緒に相変わらずお洒落でエリートで見えました。Bagozzaのスーツがクラシックな男性衣服の遺産である裁縫師の仕事に必用な敬意を払いながら未来のスタイルと詳細で又アップデートされていました。モダンでミニマルの型からマキシマルに至るまでとても大きなスーツやタキシードのセレクションがあるCeremonieで数多くの商品のセレクションから選んだスーツを見ました。会議やイベントの為の服はもう出来ていた。鏡の姿が気に入って微笑みました。

たんすで次々と並んでいた世界のファッショントレンドがうつっていたカーニバルのような華やかな色のダウンジャケットの、がもうやアライグマ毛皮の短いジャケットの、レトロ風のレザージャケットの、レザーで飾られたファーコートの、そして長い毛のカシミアのコートの上を手でなでて、カシミアのコートに決めました。着ていた時カシミアの無敵の柔らかさを感じました。これこそBagozzaの男がなれていた品質でした。

目の前で、各々の平方センチメートルを見て上質が予想したお洒落な木製の箱がありました。手を伸ばして、箱を持ち開けると顔に大きな微笑が広まった。これは鰐皮で作られたBagozzaの財布とベルトと靴でした。各々の詳細が細かくデザインされたのは、手作りでしたのは明らかでした。多くのモデルと上質の革の中から選ぶのは難しかった。特別の人に、自分の特別なタッチでエリートなアクセサリーになること。義務は完成。

スポーティーな週末洒落の為、タータンチェックの生地とウールの生地とビロードの生地のズボンから選ぶことは難しかった。スリムフィットのジャケットとズボンのレトロ風のタッチが自分にとても似合うと思っていました。レトロ風の色が使われたBagozzaのコレクションで色の使い方で素晴しい調和が出来ていた。週末のお洒落の為、ポケットが多いタータンチェックのズボンを選びました。この例外的な選択はとてもお洒落でスポーティーに見え、触ると生地がどんなに上質であるのはわかられました。